ぎんしおと出舌瑠~ へい一丁!

PENTAX 645 Japan がやって来た

 今朝は薄曇りで小雨が降っています
 セーターは脱いで、外套は薄めの物1枚を羽織るだけでも十分暖かくなりました。
 

   ・・・さて、お約束通りに、中判カメラに手を出してしまいました(笑)
   ペンタックス 645 です!勿論 645D ではありません!1980年代製造の初代型の中判銀塩写真機の 645 です
   本当は 645 NⅡの中古を購入するつもりでしたが、PENTAX 645 Japan という字の如く、漆塗りの筐体、フィルムバック
   75mmレンズと刻印入りの皮製ストラップなどの付属した「限定もの」という響きに惹かれてしまいました
   レンズ、電池を装着して 1.5 kg を越える総重量で、老体には手持ちは無理かと思っていましたが
   実際に手にしてみると以外にバランスが良く、三脚無しでも行けそうな感じです。
   操作系が当時流行ったインダストリアルデザイン風のプッシュスイッチなのが煩雑で、シャッター音も巻き上げ音も
   大げさですが(Nikon F2 の モータードライブ駆動なみ)ミラーショックは殆ど感じられなく、すっかり気に入っちゃいました!

a0141385_8294446.jpg

  ファインダーの見え方も老眼に優しくなっていて Nikon F6 以来の目からウロコ状態でした!
  壷でも出てきそうな箱に、一度も触れていないかのような解説書を含む紙類や電池、革ストラップなどと一緒に収まっていました
  ただ、ストラップの表面が飴っていて(未使用なのですが)使えそうにないので断念し現代のものを装着
  週末の撮影でどんな写真が撮れるでしょうか?とても楽しみです。
  そしてSMC A レンズの 35mmか45mm、150mm、300mm などがひと通り揃うのも時間の問題でしょうか?
a0141385_8295467.jpg
   2枚とも Nikon D700 Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S ISO 200 Jpeg Fine AWB  <画像はクリックで拡大します>

                                                               (482)
[PR]
by shirokuma-nikon | 2011-02-25 09:23 | PENTAX 645